閉経期の前後になると更年期障害に悩む女性が多くなります。
更年期障害は、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが低下することで現れる症状です。体が急に熱くなったり、汗がたくさん出たり、動悸、息切れ、蕁麻疹など様々な症状が現れます。

治療には低下した女性ホルモンの補充療法が効果的です。
飲み薬や注射薬などがあります。飲み薬は、毎日欠かさず飲む必要があり、人によっては大きな負担となることがあります。
また、副作用が現れることもあり、内臓への負担も少なくありません。そんな飲み薬の負担を解消するために、クリマラが開発されました。

クリマラは体に貼るパッチタイプのホルモン補充薬です。
一回貼りつければ、一週間効果が持続するので、面倒な飲み忘れがありません。成分がゆっくり吸収されていくので、体への負担が少なく、蕁麻疹をはじめとした副作用の心配もほとんどありません。
このように、更年期障害はクリマラで改善されることが期待できるのです。
更年期の時期は、ホルモンが崩れるだけでなく、介護や子供の独立など環境が変わる時期でもあります。
自分に合った治療法を見つけて、生活の質を落とさないことが大切です。

女性における更年期障害の特徴とは

50代の女性 女性は、40代半ばごろから卵巣の機能が衰え始め、卵巣から分泌されるエストロゲンの量が次第に低下していきます。
エストロゲンは女性ホルモンの一種で、卵巣からの排卵を促したり、子宮内膜を厚くしたりして妊娠しやすい体にしてくれる作用も持っています。
また、乳房の発達やお肌の新陳代謝を促す作用もあるなど、女性らしい体を作るためには欠かせないホルモンです。
その大事な女性ホルモンのエストロゲンは、脳にある視床下部の命令によって、卵巣から分泌されています。

しかし、視床下部がいくら命令を出しても、卵巣機能が低下しているので以前のようにエストロゲンを十分に作り出すことができません。
ホルモン不足を感じた視床下部は性腺刺激ホルモンを出すことで、エストロゲンをなんとか補充しようとします。
しかし実際には思うようにエストロゲンが出ないので、視床下部はこれをストレスと感じ取り、視床下部の機能が十分に作用しなくなります。
乱れてしまった視床下部は体全体の機能を狂わせるために、体にさまざまな異変が現れます。
これが更年期障害の症状となって現れるのです。

一般的に、閉経の前後5年間を更年期と呼んでいます。
閉経は早い人で40代から、遅い人でも50代半ばには終わりを迎えます。
更年期になると、月経周期の乱れや不定愁訴など様々な症状に悩まされることが多くなります。
順調だった生理が毎月来なくなり、間があいたりすることがある一方、予定より早く月経が来るなどで、周期がかなり乱れてきます。
月経血の量も変化し、かなり少なくなってくることがあります。
このような状態が繰り返されるうちに、次第に月経が来なくなります。
およそ1年間月経が来なくなったら、閉経と考えて差し支えありません。

精神的な症状

また、エストロゲンは生殖ホルモンとしてだけでなく、体の色々な機能を調整する作用があるので、不足することで体に多くの変化が現れます。
精神的には物忘れやうつ、精神不安などが起こり、気分の落ち込みが激しくなります。
ささいなことがストレスに感じられ、イライラや不眠が起きやすくなります。
更年期障害の精神的落ち込みはうつ病とよく似ていますが、うつ病は気分の高揚がなく、沈みっぱなしなのが特徴です。
一方、更年期障害の精神不安は、落ち込んだりイライラすることが多くなります。
いずれにしても、精神的に不安定な状態が続いたら、精神科あるいは心療内科に診察をしてもらうことが大切です。

肉体的な症状

肉体的には、骨量の減少による骨粗鬆症や、多汗、めまい、ふらつき、倦怠感、むくみ、抜け毛、冷え性、のぼせなどが起こります。
さらにホルモンの低下により、運動機能にも異常が起こり、肩こりがひどくなったり、手足のしびれなどが起こることがあります。
場合によっては、ひどい蕁麻疹ができたり、体のかゆみに悩まされることもあります。
一方、中にはほとんど更年期障害の症状が出ないまま、閉経期を迎える人もいます。

更年期障害や軽視できない病気

なぜこのように人によって、更年期障害の症状に差があるのかは、まだよくわかっていません。
ストレスが強い人や、生活習慣が乱れている人は、更年期障害の症状が強くなる可能性はありますが、はっきりとした因果関係は証明されていません。
実際、更年期障害の症状は人により千差万別で、大変個人差があるのが特徴です。
更年期障害の症状がとても重い人は、何年も深刻な症状に悩まされ、寝込んでしまったり、外に出られなくなってしまう人もいます。
更年期を迎えた女性で、治療が必要な人は5人に一人の割合で存在します。
症状がひどければ、婦人科でホルモン補充療法を受けたり、心療内科で精神安定剤を処方してもらうことが必要になります。

更年期障害は時期が来れば必ず症状が改善される病気です。しかし、辛い時期は薬に頼ることも必要になります。
けれども、検査をしても異常がなかったり、病気として扱われないことさえあります。
また、更年期障害に理解がない医師もいます。
体の不調をたかが蕁麻疹などと考えて理解がない医師では、症状の改善が期待できないばかりか、メンタル的にも落ち込んでしまいます。
更年期障害の症状に理解がある医師の元で根気よく治療を続けていくことが大切です。

クリマラという薬でホルモンバランスを整え改善

クリマラを紹介する医師更年期障害を治療する方法は、薬やサプリ、漢方など様々なものがあります。
特に薬による治療法にはHRTと呼ばれるホルモン補充療法が一般的です。
加齢による卵巣機能の低下により、不足してしまった女性ホルモンを補うことにより、体が熱くなるのぼせや顔が赤くなるほてり、骨粗鬆症の予防や動悸、息切れなど、さまざまな症状を改善することができます。

ホルモン補充療法は飲み薬のほかにも貼り薬、塗り薬などがあります。
飲み薬はエストロゲンの成分だけが入ったものと、もう一つの女性ホルモンで黄体ホルモンであるプロゲステロンの成分のみが入ったもの、そしてエストロゲンとプロゲステロンの両方の成分が配合されたものの三種類があります。
飲み薬は、更年期障害の治療薬として基本的な物ですが、毎日飲み続けることが必要です。

どの種類の薬を飲むかはその人の症状によって異なりますが、一度飲み始めたら毎日欠かさず飲み続けなくてはなりません。
自分勝手に飲むことを止めてしまったり、不規則な飲み方をすると不正出血などが起きてしまうことがあります。
また飲み薬には副作用も起きることがあるので注意が必要です。

治療薬のほかには、効果的な治療方法としてエストロゲンが含まれた貼り薬や塗り薬などがあります。
エストロゲンは、エストラジオール、エストロン、エストリオール、エステトロールの4つの成分をまとめた名前です。
クリマラという貼り薬には、女性ホルモンのエスロトゲンの一種の成分であるエストラジオールが含まれています。
クリマラには体に不足しているエストロゲンを補充し、ホルモンバランスを整えてくれる効果があるので、更年期障害のために起こるストレス性のイライラ、じんましん、多汗、ほてり、のぼせなど様々な不定愁訴の改善に効果があるほか、更年期における骨密度の骨量の増加も促す作用があり、骨粗鬆症予防効果もあります。

また、エストロゲンの作用により、肌の新陳代謝を促す効果があるので、肌がきれいになる効果も期待できます。
エストロゲンを皮膚に直接貼ることにより、エストラジオールがゆっくりと体に吸収されています。
そのため、急激に体内へ高濃度のエストロゲンが吸収されることがないので、体への負担が少ないのが特徴です。
飲み薬と違って、飲んだときに起きる副作用の心配がほとんどありません。
肝臓への負担もなく、胃腸の弱い人でも安心して使うことができます。

クリマラの使い方と使用上の注意

クリマラは、下腹部や臀部、背中などに貼り付けて使います。一度貼ったら、一週間は効果が持続します。
万が一はがれてしまったら、新しいものと交換して下さい。
一週間貼り続けたら、次は違う場所に貼った方が、皮膚のトラブルを回避することができます。

一方、クリマラにも全く、副作用が起きないわけではありません。
貼った所のかぶれやかゆみ、そのほか蕁麻疹やめまい、まれに血栓症などが起きることがあります。
めったに起きることはありませんが、もしも手足の痛みやしびれ、激しい頭痛や胸の痛みなどが現れたら、急いで医師の元を訪れて下さい。
また、クリマラは女性ホルモンを促す薬なので、過去に乳がんにかかったことがある人や、現在乳がんの治療中の人は、慎重に服用した方がよいです。

クリマラは、飲み薬のホルモン補充療法と同様に、対症療法です。
根本的な治療薬ではなく、症状を軽くする効果が期待できるホルモン補充薬です。
そのために、症状が治まるまで根気よく使い続ける必要があります。
飲み薬と同じように、勝手に使用を止めてしまうと、ホルモンのバランスが崩れて、思わぬ症状が出たり、かえってストレスがひどくなってしまうことがあります。
更年期障害の症状が出ている間は、ずっと治療を続ける必要があります。
少なくとも3年間は使い続けることで、いろいろな症状の安定化を図ることができます。

クリマラは個人輸入でのみ購入可能

クリマラはとても便利で効能が期待できる薬です。
しかし現在のところ、日本国内では未承認となっています。そのために個人輸入のみで購入可能となっています。
個人輸入とは、海外で販売された医薬品を個人輸入して、国内で自分で使用することです。
国内ではクリマラ50の個人輸入は法律的に認められているので、医師の指示や処方箋がないのに購入しても、全く法律違反ではありません。

個人輸入の購入の場合、面倒な手続きを経て購入しなければならない場合もありますが、すべて請け負ってくれる個人輸入代行の会社なら安心してお任せすることができます。
個人輸入には薬事法により、制限を受ける部分がありますが、個人で必要な医薬品を輸入して使用する権利は存在しています。
個人輸入の場合、処方箋が必要な医薬品は1カ月分まで注文が可能であり、通常の医薬品は2カ月分まで可能であると、輸入できる量が薬事法で定められています。
また個人輸入では、使用する本人が必要な分だけを自分で輸入するということがとても大切な決まり事になっています。
そのため、自分で輸入した薬を他の人に売ったり、譲ったりすることは薬事法の違反となり処罰の対象になってしまいますので注意が必要です。

クリマラ50を個人輸入できる通信販売の会社はたくさんありますが、信用できる会社を選んで購入するのが一番大切です。
信頼できる会社を選ぶためには、海外の医薬品メーカーの100%正規医薬品を輸入している会社の薬を使うことが大切です。
個人輸入することにより、海外の薬を安い値段で手に入れることが可能になります。

しかし個人輸入の医薬品は、厚生労働省の認可外の薬であるために、副作用など思わぬリスクが存在するのも事実です。
もし、副作用が現れた場合は個人の責任になります。
そのため、クリマラを使用するときは使用する方法や使用する量をきちんと守ることが重要です。
正しく使ってこそ、効果を発揮するのでその点はとても大事なことになります。

個人輸入代行業者は口コミを見ながら選ぶ

また個人輸入代行の会社を選ぶ時は、100%正規の海外医薬品のみを取り扱っている会社を選ぶことが大切になります。
長い実績のある会社や口コミで評判の良い会社を選ぶことで、安心して個人輸入薬を使うことができます。
個人輸入薬を使う場合、一般的に注文から手元に到着するまで、だいたい2週間前後かかるのが普通です。
在庫不足で撮り取り寄せた場合には3~4週間かかることもあるので、早めに注文した方が良いです。

クリマラを実際に個人輸入代行で購入するときは、口コミを頼りにサイトを見比べると良いでしょう。
薬の効果がどうだったとか、副作用がどのように現れたなどということは購入する際の大事なポイントになります。
実際に使った人の感想なのでとても参考になるはずです。
また、医師の処方箋無しでクリマラを個人輸入することに抵抗がある人もいますが、クリマラは1か月分の個人輸入であれば、全く違法ではありません。

クリマラは海外では、すでに処方箋が必要な正式な医薬品として認められています。
また、厚生労働省のHPには個人輸入してはいけない違法な医薬品が掲載されていますが、クリマラは特にそのようなことはありません。
また個人輸入する際の値段ですが、これはサイトによってばらつきがあります。
国内未承認の薬のため、とくに薬価が決まってないので、薬の値段は各会社によってまちまちです。
これはサイトを見比べて購入するのが一番です。クリマラを購入できるサイトはたくさん存在します。
その中から実績があり信用できるところ、あるいは購入後のアフターサービスがきちんと整っているところを選ぶようにします。
きちんと連絡先が書いてあるところが安心です。
またまれに税関で関税がかかることがありますが、ごく少数で実際はそのようなことはほとんどないのが一般的です。